免疫力って?

病気やウイルスから体を守る力「免疫力」って?

けがを治す

回復力とも

関係ある

のかしら?

免疫ってよく聞くけど

しっかり理解できてるか

と聞かれると、

自信がないなぁ。

ウイルス

にも

関係ある

ものだよね?

免疫とは病原菌やウイルスなどの外敵の侵入を防いだり、 体内にできた害をもたらす細胞を除去するという自己防衛機能。

「疫(病気)から免れる」力=免疫力

というわけです。

体内で発生したガン細胞や外から侵入した細菌やウイルスなどを常に監視し撃退するその仕組みは実に精巧にできており、

いくつもの免疫細胞が協調しあって働いています。

免疫細胞たちは、あなたが意識していない間にも、ガン細胞を死滅させたり、風邪などの病気にかからないように外敵の侵入を防いだりしてくれています。

いつも体を守ってくれている、いわばボディーガードなのです。

 

ガン細胞は毎日生まれている?免疫力が重要な理由

日本人の死因、1位は悪性新生物(ガン)

ガンは体の細胞中の遺伝子が何らかの原因で突然変異を起こすことで生まれます。

突然変異というと非常に特殊なことのように思われがちですが、人間の体の中では毎日ガン細胞が発生していると言われているのです。

では多くの人はなぜ、発病しないのでしょうか?
それはさまざまな免疫細胞が連動し、ガンを死滅させるために働いているからです。

もし、免疫というシステムが体から無くなったとしたら、私たちはすぐに何らかの病気にかかってしまうのです。

私たちの体は、毎日非常に多くのウイルスや病原菌などと戦っています。

この戦う力が「免疫力」です。

健康的な毎日に「免疫力」は欠かせないのです。

 

しかし年齢とともに「免疫力」は低下しています。

どうしたら低下しないでいられるの?