免疫力の低下が及ぼす影響

免疫力の低下が及ぼす影響

「若い頃に比べて体が弱くなった」

と感じる瞬間が多くなっていませんか?

最近、肌荒れが気になったり。

朝も目覚めがスッキリしないよのねぇ。

ちょっとしたことで疲れやすくなって、

体がだるく感じるのよねぇ。

風邪もひきやすくなったし、

治りにくくなった気がするのよねぇ。

一般的に免疫力は加齢ストレスなどによって低下します。

免疫力が低下すると、疲れや肌荒れなどの不調がおこります。

また風邪やウイルス感染、さらにはガンや肺炎など生命にかかわる病気になる危険性も高まるのです。

年齢による免疫力の低下は残念ながら誰にでも起こる自然な現象です。

しかし食生活の乱れや運動不足といった日々の生活習慣でさらに低下することもあり、日頃から対策を怠らないことが大切です。

 

免疫力は20代をピークに低下しています。

年齢により免疫力が低下するのは、私たちの健康を守る

免疫細胞(NK細胞)が衰えてしまっているため

だと考えられています。

免疫力は20~30歳代でピークを迎え、40歳以降は下降線をたどります。高齢者にガンが多く、感染症による死因が増えてくるのも、こうした免疫力の低下と無関係とは言えません。また、ストレス社会とも言われる現代では年齢にかかわらず免疫力が低くなっていることも考えられます。

年齢により免疫力は低下しています。

それは自然なことですが、生活習慣によってはさらに低下してしまうのです。生活習慣を見直すなどの注意が日頃から大切です。

 

免疫力を高めると言われている代表的な食材。

海藻類

海藻類特有のネバネバした成分が、海藻を細菌や外敵から守る働きをしている。だしをとるだけでなく直接食べた方が効果的。

発酵食品

乳酸菌が腸の調子を整え、免疫を活性化する。

きのこ

しめじや椎茸、まいたけなどの身近なきのこも
免疫力を高めるのに役立つ。

緑黄色野菜

体内でビタミンAに変わるベータカロチンが豊富。
ビタミンAには免疫力を高める働きがある。

 

NK細胞の衰えが免疫力の低下を招く?

NK細胞のNKってどういう意味?