オーバートレーニング症候群とは?

オーバートレーニング症候群とは?

オーバートレーニング症候群を簡単に説明するなら、「筋トレなどのトレーニングのやりすぎで、体の回復が追いついていない状態」の事です。

つまり、オーバートレーニング症候群とは、体が回復できる限度を超えたトレーニングを行うと発症する可能性のある症状です。

症状が軽いと、オーバーリーチングと呼ばれ、数日で回復しますが、重度になると『オーバートレーニング症候群』となり、数週間から数ヶ月に渡って疲労が蓄積してしまいます。

オーバートレーニング症候群の原因について

脳と脊髄からなる中枢神経は、電気信号を送る事で筋肉を動かしています。

しかし、慢性的なストレスがかかる事で、こうした中枢神経から発せられる電気信号が弱くなったり、効力を失うことになってしまい、それが『オーバートレーニング症候群』の症状につながってきます。

急性のオーバートレーニング症候群の原因には、トレーニングや筋トレの頻度、そして強度を急激に、突然増やし、且つ体に十分な休息が与えられていないといった状況が考えられます。

また遺伝や「トーレーニングエイジ」として海外では知られる、トレーニングの累積経験値も、オーバートレーニングの発症に抵抗出来るかどうかの要素として、大きく関わってきます。

オーバートレーニングは自分で注意する必要がある

全く同じ筋トレや運動をする人はいません。

例えば、パワー系のトレーニングを行なっている人と、持久系のトレーニングを行なっている人では、症状の一部が違ってくることもあるでしょう。

そのため、オーバートレーニングについては、自分自身で注意して管理していかなければいけません。