頭蓋内出血

頭蓋内出血について(原因・症状・治療・予防等)

症状

頭蓋内出血は頭蓋骨内で出血が起こる症状全般をいいます。 原則、頭蓋内の出血症状全てを表していますが、出血箇所により名称が異なっていきます。硬膜下出血、くも膜下出血、脳内出血なども頭蓋内出血の一種なのです。

頭蓋内出血に伴う症状は、出血箇所や出血量によって違いがあります。 一般的には意識障害、頭痛、吐き気、嘔吐、失神などの症状が起こります。 また、症状は出血から数分、もしくは数時間以内に現れるのが大きな特徴といえるでしょう。

原因

頭蓋内出血を起す原因は頭部へ強い衝撃が加わることです。 これにより頭蓋内の血管が切れ、出血を生じます。

出血場所や出血量は受ける衝撃の種類により大きく異なります。 例えばラグビーなどの選手なら、脳の表面と硬膜を結ぶ架橋静脈に出血が起こりやすい傾向があります。これは衝撃による頭蓋骨の動きに脳が付いていけないことが理由です。 また、頭部に硬いものが衝突するケースでは皮膜外に出血を起こします。 この場合には、頭蓋骨の骨折を伴うこともあり、最悪の場合には脳事態に損傷が起こる脳挫傷を伴うこともあります。

治療法・予防

頭蓋内出血は危険な症状を伴う可能性があるため、まずは精密検査で現状確認を行います。ここで血腫が認められると、手術で血腫を取り除く治療がただちに必要になりますこれは血腫が脳を圧迫し損傷を広げてしまうためです。また、早急な治療は脳の回復範囲を広げることにもつながります。

脳へ衝撃を受けやすい運動を控えることが有効な予防法になります。 ラグビー、ボクシング、アメフトなどの競技です。また、脳内出血を起こしやすいか事前に確認しておくこと、頚部の筋力アップで頭部への衝撃を和らげる方法も有効な予防法といえるでしょう。