関節唇損傷

関節唇損傷について(原因・症状・治療・予防)

症状

関節唇損傷は衝撃により肩関節の軟骨が断裂してしまい、痛みなどの症状を起す障害です。強い衝撃だけでなく、上腕骨のねじれ動作を繰り返すことでも発生します。治療が難しいことで知られる障害でしたが、関節鏡を用いることでスムーズな治療を行えるようになりました。

発生時の症状としては肩関節の痛みと違和感現れます。可動域が狭くなるため、人によっては引っかかり、つかえる、脱臼しそうな不安感を覚えることがあります。また、腕を後方で捻った際に痛みが強まる傾向があります。

原因・診断

関節唇を損傷する原因は上腕骨と肩甲骨の限界を超えたねじれ動作の繰り返です具体的には野球の投球、テニスのストロークがこれにあたります。また、肩関節の脱臼時に断裂を起すケースもあります。

一般に診断では関節の違和感や外旋動作のスムーズさなどから判断していきます。ただし、確定診断のためにMRIで軟骨の切れ目を確認する検査が用いられるケースもあります。

治療法・予防

関節唇がどの程度断裂しているかで治療法は異なりますが、もし断裂が大きい場合には手術での縫合、もしくは断裂部分を切り取る治療が必要になるでしょう。現在は関節鏡を用いた術式がありますので、運動への復帰もスムーズに進めることが出来ます。

予防が難しい傷害ですが、問題となる動作を全身で行うことで障害を防ぐことが出来ます。また、正しいフォームを身につけること、股間節の柔軟性を上げることも有効な予防法になるでしょう。