コルチゾールの変動がわかるとあなたのストレス蓄積度がわかります

コルチゾールとは?

コルチゾールと言う言葉はよく耳にする言葉ではないかもしれませんがお薬などの成分表などで一度は目にしたことがある言葉かもしれません。

 このコルチゾールとは、副腎皮質(ふくじんひしつ)と呼ばれる組織から分泌される「副腎皮質ホルモン」のひとつです。

 またコルチゾールは「糖質コルチコイド」と呼ばれる成分の一種でもあります。

 医療薬剤の成分としてはヒドロコルチゾンと記載されているケースもあります。

 糖質コルチコイドとは体内に在留するたんぱく質成分を糖分エネルギーに変換する働きをもつホルモン成分です。

 糖質コルチコイドは蛋白質を糖分へ変換する事で「血糖値」を上昇させる働きをもっております。

強い作用をもたらすコルチゾール

コルチゾールは   ●たんぱく質 ●脂質 ●炭水化物
 などの主要栄養素の代謝に関与する、人体にとって欠かせない成分のひとつでもあります。

 副腎皮質ホルモンとしてはかなり強い作用を発揮するステロイドホルモンであり、強い抗炎症作用をもたらします。

 但し、強い能力をもつ成分は強い働きが逆に人体に悪影響を与えるケースもあるものです。

 ストレスで分泌量が変動する

コルチゾールはストレスの影響を受けることで、分泌量がコントロールされていることもわかってきております。

 強いストレスが発生しているときは分泌量を増加させ、ストレスが消化されると分泌量は平均値に戻ってきます。

 その為、うつ病の診断や、状況の確認を行う際にもコルチゾール測定検査が実施されます。

 自覚を伴わないストレスの存在

強いストレスを受けると、人体はそのストレスに対応する為にコルチゾールの分泌を行い対応しようとします。

 このような働きを防衛反応と呼びますが、その影響を受け脳に異変をもたらす可能性がある事も近年になりそのメカニズムが解明されてきました。

 但し、このストレスは本人が気がついていない段階で人体を蝕んでいく事もある点は覚えておかなくてはいけません。

 「自分はストレスとは無縁!」

 そう思っている人に限ってうつ病を発症すると重症に至るケースも多くあるのです。

 特に営業職などで年中強いプレッシャーと戦っているサラリーマンなどは一度コルチゾールの数値をチェックしてみると良いかもしれません。

 自覚症状を伴わずに蓄積するストレスの存在があることもここでは覚えておきましょう。

1日の中でも分泌量が大きく変化するホルモン

コルチゾールは1日の中でも分泌量が大きく変化するホルモンです。

 このような1日内の成分分泌量の変動を日内変動と呼びます。

唾液コルチゾール濃度の日内変動

 コルチゾールは、一般的に起床時に最も高い数値を示し、時間の経過とともに数値は徐々に低下していきます。

 朝の起床後すぐは最も高く、就寝前には最低の数値となるのです。

 

日内変動が体内で行われているかどうかも重要

日内変動のメカニズムは何となくわかってきましたね。

 ここではシンプルに起床した時が最も高く徐々に数値は減少し寝る前が最も低くなると覚えておけば良いでしょう。

 なお、疲労蓄積チェック検査キット『My stress』で測定を行う場合は、早朝だけでなく、午前6時~8時・正午・午後4時・午後8時と4回唾液を採取してもらい、お客様のコルチゾールの日内変動をチェックさせていただきます。

 異なる時間帯で測定を行うことでしっかりとコルチゾールの日内変動が体内で行われているかどうかの確認を行うことも大切です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA