腸内環境悪化のサイン。くさいガス(おなら)の改善 3つの方法

くさいガス(オナラ)の原因は、腸内環境が悪化したという体からのサインです!

トイレでふと放ったガス(オナラ)の臭いで、自ら悶絶した経験はありませんか?ガスが溜まってお腹はぽっこり。しかも圧迫感があって苦しいし・・・それらは腸内環境の悪化のサインって知っていましたか?

お腹の不快感(お腹が張ってポッコリする、圧迫感や重い、痛い、やたらガスが出る、臭いがキツイ、など)は、腸に出来た「ガス溜まり」が原因と言われています。では、その「ガス溜まり」を抑えるにはどうしたら良いのでしょう?

<腸内環境悪化のサイン 臭いガスの改善法 その1:善玉菌を増やす>

ガス(オナラ)を臭くする原因は、お肉などの動物性たんぱく質が原因です。昔、おばあちゃん達が「お肉や卵を食べすぎると、オナラや便が臭くなるよ」と言ったのは本当だったんですね。

動物性たんぱく質を取ると、腸内で悪玉菌がたんぱく質を分解し、その時同時に硫化水素などの臭いの素となる物質が生成されます。これが腸内環境に溜まることにより、臭いガス(オナラ)となるのです。

このガスは臭いだけでなく、実は発がん性物質でもある為、臭いけどいいや~、などと放っておくと、大腸がんの原因になることがあります。臭いだけでも勘弁なのに、これは困りますね。

ということで、悪玉菌がたんぱく質を分解する際に出る物質が原因ということは、それ以上に善玉菌を増やせばいい訳ですよね。それには、漬物やみそなどの発酵食品、ヨーグルトや乳酸菌飲料などの乳酸菌、オリゴ糖などがお奨めです。

これらを積極的に体内に取り入れることにより、腸内環境を活性化し、腸内を酸性化することで、悪玉菌の繁殖を抑え、臭いの素を断つことが出来るのです。

<腸内環境悪化のサイン 臭いガスの改善法 その2:植物性たんぱく質を取りましょう>

その1で、動物性たんぱく質は臭いの原因物質を作り出すとお伝えしましたが、たんぱく質は、血液、皮膚、臓器などの組織を作る為に絶対欠かせない栄養素です。取らない訳にはいきません。

ただ、同じタンパク質でも、豆腐やきな粉など、大豆製品で植物性たんぱく質を取ることにより、臭いはかなり無くなりますよ尚、動物性たんぱく質も全く取らないのではなく、適量は取りましょう。何事もホドホドに。

<腸内環境悪化のサイン 臭いガスの改善法 その3:生活改善>

上記食生活による改善も大切ですが、折角腸内環境を良くしようとしても、生活改善をしなければ片手落ちです。まずはこの3つを改善しましょう。

① ストレスを溜めない

ストレスは自律神経に大きな影響を与え、腸の動きも狂わせてしまいます。趣味に打ち込んだり、ストレスを仲間と笑い飛ばしたりして、極力その日のうちに解消させましょう。

② 適度な運動をする

デスクワークの方は座りっぱなしになりがちです。これでは腸の動きも悪くなるというもの。ヨガや腹筋を使う腹式呼吸を心がけながら、腸そのものの運動力を向上させましょう。

③ 十分な睡眠を取る

睡眠不足も自律神経のバランスを乱し、腸の動きを低下させます。また、深夜に食事をすると腸への負担が増しますので、ご注意を!

臭いガスを改善することは、腸内環境を良くすること。そしてひいては私達の健康を守り、楽しい人生を送れること。臭いガスを放置せず、クリーンな毎日を送りましょうね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA