腸内フローラって?

そもそも『腸内フローラ』って、何?

私たちの健康に、実はとっても密接に関係している『腸内フローラ』

ぜひ知っていただきたい基礎知識をご紹介していきます。

 

『腸内フローラ』とは

私たちの腸内には、多種多様な細菌が生息しており、それらはなんと、数百種600兆個以上。

特に小腸から大腸にかけて、これらの様々な細菌が種類ごとにグループを形成してまとまり、腸の壁面にすんでいます。

顕微鏡で腸の中を覗くと、それらはまるで植物が群生している【お花畑([英] flora)】のようにみえることから、『腸内フローラ』と呼ばれています。

腸内細菌の種類や数は食事や生活習慣・人種・年齢などにより異り、『腸内フローラ』も人それぞれ違います。

「腸内細菌」と「腸内環境」

体に良い働きをする『善玉菌』

代表的なのは、<乳酸菌>と呼ばれるビフィズス菌・乳酸桿菌・アシドフィルス菌・フェーカリス菌などです。
悪玉菌の侵入や増殖を防いだり、腸の運動を促したりすることによって、お腹の調子を整えます。

体に悪い働きをする『悪玉菌』

クロストリジウム(ウェルシュ菌など)・ブドウ球菌・ベーヨネラなどが、腸内で有害物質をつくり出します。
悪玉菌が増えると、便秘や下痢などお腹の調子が悪くなることもあります。

どちらにも属さない『日和見菌(ひよりみきん)』

大腸菌・バクテロイデスなどで、腸内の善玉菌・悪玉菌の<優勢な方>に同調(味方)して作用します。

そして、これらのバランス(『腸内フローラ』の状態)を、「腸内環境」といいます。

理想的な『腸内フローラ』とは

『腸内フローラ』の理想的な状態とされるのは、<善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割>。
このバランスに腸内環境を保つことがとても大切です。

健康なヒトの腸内では、善玉菌が悪玉菌の定着・増殖を抑えています。
また、善玉菌には、有害物質を体外に排出するのを助けたり、免疫細胞を活性化したりするなどの作用もあります。

しかし、この『腸内フローラ』のバランスは、体調・食生活・年齢・ストレス・薬(抗生物質など)の服用といった、様々な要因によって日々変化します。

『腸内フローラ』のバランスが崩れると…

何らかの原因で、腸内の悪玉菌が優勢になると、悪玉菌がつくりだす有害物質も増えます。

この有害物質は、便秘や下痢などお腹の調子を悪くするだけでなく、
腸から吸収されて全身をめぐり、
様々な生活習慣病や肌荒れ、肩こり、老化などにも関係するといわれています。

『腸内フローラ』を整えるには

健康維持には、いつも腸内環境を正常にしておく―
つまり、善玉菌が優勢な『腸内フローラ』に整えることが大切です。

そこで日頃から補っておきたいのが、善玉菌の代表<乳酸菌>
乳酸菌は腸内で乳酸・酢酸をつくることで、悪玉菌の定着・増殖を防ぎ、おなかの不調を予防します。
また、乳酸・酢酸には腸の運動を正常にし、下痢や便秘などを改善する、整腸作用があります。

乳酸菌を摂ることで善玉菌が優勢な『腸内フローラ』を保ちましょう!

腸内フローラの状態チェックをやってみよう!

あなたの腸内環境は良好ですか?それとも何か不調や心配事をかかえている状態でしょうか?

ここでは、腸内フローラのチェックを食生活編、便通の状態編、生活習慣編の3方向から行います。これにより、自分がどの点に重点を置いて改善したらよいのか、または総合的に改善する必要があるのか、が分かります。

それでは、以下の項目に当てはまるかどうか、チェックしてみてください。

食生活が偏ると腸内環境は悪化する一方

① 肉類が大好き

② 脂っこい食べ物が好き

③ 野菜はあまり食べない

④ 発酵食品はあまり食べない

⑤ 意識して水分を摂る方ではない

⑥ フルーツが好きな方ではない

⑦ 野菜は市販のジュースで摂る

⑧ 食物繊維を特に意識して摂っていない

いずれも腸内フローラを乱す食習慣です。
たんぱく質や脂質は、悪玉菌のエサとなるもの。摂りすぎは禁物です。

⑦ の野菜ジュースは、手軽に野菜を摂取する方法として有効なのですが、市販の野菜ジュースは口当たりをよくするために不溶性食物繊維が取り除かれています(水溶性食物繊維は含む)。不溶性食物繊維は手作りの野菜ジュースや、毎日の食事から補給しましょう。もしくは、手作りの野菜ジュースもおススメです。

美味しいですよね!自分の好みが活かせるところも。何より野菜の栄養をしっかり摂取できますね。

あなたはどのタイプ?便通の状態を確認しよう

① 下痢や便秘が月に3日以上ある

② 排便によって腹痛や腹部不快感が軽減する

③ 下痢や便秘のとき、排便の回数や便の形状に変化がある

④ トイレが心配で外出するのがおっくう

⑤ 便秘のとき、激しい腹痛がある

⑥ 便秘のとき、発熱や吐き気を伴う

⑦ おならが臭い

⑧ 吹き出物や肌荒れがある

⑨ 口臭や体臭がきつい

⑩ 風邪をひきやすい

①〜④ は、過敏性腸症候群が疑われる症状です。

⑤〜⑥ は、器質性便秘の可能性があります。器質性便秘は疾患が原因ですので、すぐに専門機関で受診することが重要です。

⑦〜⑩ は、腸内フローラのバランスが崩れている証拠です。悪玉菌が腐敗させたたんぱく質はニオイのきついガスを発生させるので、おならが臭くなります。また、腸内環境の乱れは免疫力の低下につながりますので、ウイルスなどの外敵を排除できなくなってしまいます。これは無防備で危険な状態ですね。

生活習慣を振り返ることも大切です!

① トイレに行くのを我慢することが多い

② デスクワークや勉強で猫背になりやすい

③ 椅子の背もたれによくもたれる

④ あまり運動はしない

⑤ 規則正しい生活とはいえない

⑥ ストレスを感じることが多い

⑦ 睡眠不足ぎみである

⑧ 冷え性である

いずれも腸内フローラを乱す習慣です。
② は、腸を圧迫する姿勢が問題。猫背になっていると、腸がのびのびと動くことができません。

③ も猫背になっている可能性があります。

⑧ については、体温が低いと腸内の菌たちが元気をなくしてしまうので、ツボ刺激や食事改善、半身浴などで冷えを解消することが大切。体表36.5度(体内37度)を保つようにしたいものです。

腸内フローラの環境を整える食品や食材

乳酸菌

チーズ、ヨーグルト、みそ、漬物、日本酒、甘酒など

酵母菌

ワイン、日本酒など

こうじ菌

みそ、しょうゆ、米酢など

納豆菌

納豆

酢酸菌

お酢

グルタミン

牛乳、チーズ、大豆、きなこ、かつおなど

オレイン酸

ひまわり油、オリーブオイル、ヘーゼルナッツなど

オリゴ糖

玉ねぎ、ゴボウ、白ネギ、トウモロコシ、アスパラガスなど

マグネシウム

大豆、海藻、魚介類など

食物繊維 ※1

海藻、こんにゃく、納豆、きのこ、オートミール、らっきょうなど

※1 水溶性食物繊維「難消化デキストリン」

乳酸菌やビフィズス菌は、水溶性食物繊維を代謝することで乳酸や酪酸、酢酸、プロピオン酸などの有機酸を生成します。

これらの有機酸は腸内環境を弱酸性にして悪玉菌の活動や増殖を抑える働きがあります。

「難消化デキストリン」は水溶性食物繊維でお腹がゆるくなりにくく、善玉菌を増やして腸内環境を改善します。

腸内フローラを乱す食品添加物

 亜硝酸ナトリウム

コンビニ弁当、ベーコン、ウインナー、魚肉ソーセージ、ハム  などの加工食品

 亜硫酸ナトリウム

コンビニ弁当、カニの缶詰、ワイン、ドライフルーツなど

 漂白剤(次亜硫酸ナトリウム、過酸化水素水)

カット野菜、パック入りサラダ、冷凍エビ、数の子など

 タール色素

野菜、果物ジュース、フルーツ缶詰、漬物など

安息香酸ナトリウム

栄養ドリンク、炭酸飲料

防カビ剤(opp、opp-Na、TBZ、イマザリル、ジフェニル)

輸入物(オレンジ、レモン、グレープフルーツなど)

臭素酸カリウム

食パンなど

 カラギーナン

調整豆乳など

クラロース

炭酸飲料、アミノ酸飲料など

アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物

コーラ、ガム、飴、アミノ酸飲料など

ソルビン酸

コンビニ弁当、惣菜、菓子パン、ハム、ベーコン、かまぼこ、魚肉ソーセージ、さきいか、さつま揚げなど

自宅でできる腸内フローラ郵送検査キット『My Flora』

腸内における「デブ菌」と言われているフィルミクテス門と「痩せ菌」と言われているバクテロイデス属のみ検出し、判定するコースです。腸内における「デブ菌」と言われているフィルミクテス門と「痩せ菌」と言われているバクテロイデス属のどちらが多いのかによって、あなたが太りやすい体質なのか、痩せやすい体質なのか、さらにリバウンドしやすい体質なのかがわかります。

エクオール産生菌のみを検出するコースです。エクオール産生菌は全員持っているわけではなく、腸内に存在する人と存在しない人がいます。『My Flora』ではあなたの腸内にエクオール産生菌がいるかいないかがわかります。

ダイエットサポートコースとエクオール検査コースが一緒になったセットです。ダイエットをすると女性ホルモンが乱れがち。腸内における「デブ菌」と言われているフィルミクテス門と「痩せ菌」と言われているバクテロイデス属のみ検出だけでなく、エクオール産生菌いるかどうかを判定することで、腸内環境を整えながら、ダイエットに成功する秘策を伝授します。このコースは食事アドバイスも行います。

腸内環境はダイエットや女性ホルモン分泌量だけではなく、自律神経の調節や免疫力にも大きく関わってきます。腸内環境を整えることは健康への近道です。腸内フローラ全体をくまなく検査することにより、あなたの腸内環境正常化のために、どのような生活をして、どのような食事方法をすれば良いのかをアドバイスしていきます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA